福岡で月々0円で新築住宅に住める理由

月々0円のシンプル住宅

Zeroen house

0円で新築戸建に
住める理由。

住んでからもずっと安心して、住み続けていただくために。
マイホーム購入で、一番心配な住宅ローンの不安を無くしていただくために、デザインコスパ住宅では、住宅ローン0円で新築戸建に住むことができます。

製造&材料費を大幅にコストダウンして、高性能なのに価格をおさえた住宅を!

デザインコスパ住宅では、住宅の構造を揃えることで、開発・製造を大幅に効率化しています。
これによって、大幅なコストダウンを実現させました。
さらに、大量購入することで購入価格を抑えることができ、製造コストだけでなく、材料調達コストも低く抑えています。

太陽光発電で得たお金を、
そのまま住宅ローンに!

「月々0円のシンプル住宅」には、最初からソーラーパネルが設置されています。
一般的な住宅の約3倍の発電を行う「最大15kwの太陽光発電システム」を標準装備。

こんなに差が出る!
1枚あたりの太陽光パネルの発電量

太陽光パネルの発電量

このソーラーパネルで発電した電気は、政府による固定買取制度によって安定した価格で買い取ってもらえます。
2019年度(2020年3月まで)に購入(売電契約)をすると26円/kw(税込)での買取が保証されているので、毎月約3.1万円で電気を売ることができます。

固定買取制度とは?

2012年からスタートしたのが「再生可能エネルギーの固定買取制度」です。
この制度の大きなポイントが “ 政府が電気の買取価格を一定額・一定期間で保証している ” という点です。

実際に家庭で発電した電気を買い取るのは電力会社ですが、電力会社の買取を国が価格を保証してくれているので、安心して発電システムを設置することができます。

政府が一定価格での買い取りを保証!

減税や電気・水道代を節約して、
住宅ローンに充てる!

ローン減税:(約2〜3万円減)

「月々0円のシンプル住宅」にはローン減税が適応されるので、住宅ローンを組むことで減税によるメリットが得られます。
例えば、借入金額2,616.344万円借入残高1%の場合に減税額を月割すると、毎月約2.1万円が浮くことになります。

オール電化:(約0.5〜1万円減)

「月々0円のシンプル住宅」はオール電化です。
一般的に電気・ガスを利用する場合より、オール電化住宅では光熱費を約6割に軽減できると言われています。
平均的な家庭では、オール電化にすることで光熱費が約8千円お得になる計算になります。

水道代:(約0.1万円減)

「月々0円のシンプル住宅」には、最新の節水機能付き什器を標準装備されており、メーカー試算で毎月約千円の節約となります。

住宅ローン0円の例

住宅ローン0円の例

上記を踏まえて、住宅費1,816万円で新築戸建を建てた場合‥

新築戸建を建てた場合

「月々0円のシンプル住宅」の住宅性能

デザイン&間取り

建物面積が

  • 136.49㎡ (41.29坪) の4LDK
  • 111.74㎡ (34.4坪) の4LDK
  • 100.19㎡ (30.31坪) の3LDK
  • 83.92㎡ (25.39坪) の3LDK

などの合計8パターンから、家族構成やお客様の好みによってプランをお選びいただけます。

* 1.売電金額は、自家利用の電気代を含んでおりません。
【売電収入計算方法】<1KW当たりの年間発電量>1,121.8kwh×<搭載量>12.78kw×<売電単価>26円÷12ヶ月=31,062円/月間
福岡県の平均日照条件を基に試算した数字を月割しています。
※2.現場共通費216万円を含んでいます。
借入35年、金利0.6%で試算。
※3.住宅ローン減税は、借入残高の1%を10年間控除する制度です。
借入額1816.344万円の借入残高1%を基に試算した数字を月割しています。
納税額によって減税額は変わります。
※4.軽減の目安としての試算です。